ニュースリリース

IAEA核融合エネルギー会議開催記念 学術講演会「科学が拓く人類の未来」 (平成28年10月15日)

Past Events

 核融合エネルギー会議(26th IAEA Fusion Energy Conference (FEC 2016))は核融合分野で最も権威ある国際会議です。世界の核融合研究者が一堂に会して、世界最前線の研究開発が紹介されます。

 今秋、この会議が京都の地で開催される機会に、人類究極のエネルギーと言われる核融合エネルギー開発を紹介するとともに、日本が世界をリードするさまざまな科学技術分野についての講演を通じて、最先端の科学技術が人類の豊かな未来へ向けて、如何に貢献しようとしているかを紹介する学術講演会を、研究所共催の下、開催します。

開催日
  • 2016年10月15日 土曜日
時間 13時00分〜16時30分
開催地 百周年時計台記念館 百周年記念ホール
本部・西部構内マップ[3]
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
※ 公共交通機関でお越しください。
京阪電鉄本線「出町柳」駅から徒歩 20分 またはバス「百万遍/京大正門前」下車
対象 一般の方、高校生、大学生
定員 500名(先着順)
詳細等

プログラム

開会の挨拶

小森彰夫 プラズマ・核融合学会会長

講演会

核融合: ベルナール・ビゴ ITER機構機構長
「The ITER project : the way towards the fusion option for a sustainable and safe world energy supply.」

重力波: 柴田大 京都大学基礎物理学研究所教授
「重力波天文学の幕開け」

宇宙: 土井隆雄 京都大学宇宙総合学研究ユニット特定教授(元JAXA宇宙飛行士)
「日本の有人宇宙活動」

参加費 無料
申し込み 以下の内容を明記の上、メールでお申し込みください。
  • お名前
  • 返信用メールアドレス

申し込み先

一般社団法人プラズマ・核融合学会事務局
担当: 杉山恵子
E-mail: kay-sugiyama*jspf.or.jp (*を@に変えてください)
Tel: 052-735-3185
  • 申し込みをされた方には、確認メールをお送りします。
  • 申し込みをされた方には、席をご用意します。
  • 数日たっても確認メールが届かない場合は、お手数ですが電話でお問い合わせください。


申し込み締切日 2016年9月1日(木曜日)~2016年10月13日(木曜日)
※ 当日参加も受付します。
問い合わせ 一般社団法人プラズマ・核融合学会事務局
〒464-0075 名古屋市千種区内山3-1-1-4F
Tel: 052-735-3185
E-mail: plasma*jspf.or.jp (*を@に変えてください)
関連リンク http://www.jspf.or.jp/introduction/161015/
備考(その他) 主催: 一般社団法人 プラズマ・核融合学会
共催: 京都大学エネルギー理工学研究所、核融合エネルギーフォーラム、自然科学研究機構核融合科学研究所、量子科学技術研究開発機構
後援: 文部科学省、外務省、京都大学、京都府、京都市、日本原子力学会核融合工学部会、日本物理学会、核融合科学研究会(融会)、未来エネルギー研究協会、日本原子力産業協会(申請中を含む)

ニュースリリース

月別のニュースリリース

京都大学エネルギー理工学研究所について

  • 所長あいさつ
  • 教職員の紹介
  • 刊行物
  • 研究成果

共同研究プログラム

  • ゼロエミッションエネルギー研究拠点 共同利用・共同研究
  • 双方向型共同研究