エネルギー機能変換研究部門 Advanced Energy Conversion Research Division

複合系プラズマ Complex Plasma System

山本 聡

ヤマモト サトシ

Satoshi YAMAMOTO

助教

エネルギー問題ならびに地球温暖化問題を解決する有効手段として、核融合発電の実現が挙げられます。私はその核融合発電実現に向けた高温プラズマの磁場閉じ込めに関して、ヘリカル型プラズマ実験装置ヘリオトロンJや大型計算機を用いて実験・数値解析により研究を進めており、特にその高温プラズマ中に現れる種々の揺れ(揺動)を抑制することでプラズマの高性能化を図ることを研究目標としています。また、これら揺動の中にはプラズマの二面性である粒子と波動が共鳴的相互作用を起こす物理的に興味深い現象に起因したものもあり、それらの物理現象の解明を目指した研究も進めています。

Nuclear fusion power plant is one of the best ways to solve the energy problem and greenhouse warning. I am experimentally and numerically studying the magnetically confined high temperature plasmas for the realization of nuclear fusion power plant using both helical-axis heliotron device Heliotron J and supercomputer. My aim is particularly to improve the performance of plasma confinement by the suppression of several kinds of fluctuation in high temperature plasmas. Moreover, I study the resonant interaction between wave and particle in plasmas.

専門領域:プラズマ物理、核融合科学