エネルギー利用過程研究部門 Advanced Energy Utilization Research Division

エネルギー構造生命科学 Structural Energy Bioscience

真嶋 司

マシマ ツカサ

Tsukasa MASHIMA

助教

生物はエネルギーを産出する反応に多様なバイオ分子を利用しています。これらのバイオ分子は固有の立体構造に折り畳まれることで、特異的な分子認識や触媒活性を実現しています。NMR分光法とX線結晶構造解析法は、バイオ分子を構成する原子の1つ1つの空間的な配置を明らかに出来る手法です。本手法によって生物の持つバイオ分子が、どのような形をもって、どのように働くのかを明らかにします。本研究で明らかにした知見に基づき、将来的にはより高い酵素活性を発揮するバイオ分子の創製を目指します。

Organisms use various biomolecules in the reaction to produce energy. These molecules achieve specific molecular recognition and catalytic activity through folding into the inherent tertiary structures. NMR spectroscopy and X-ray crystallography provide the information of spatial arrangement of atoms comprising the biomolecules. By using these methods, we are analyzing the biomolecules from the point of view of what shape they are and how they work. Our ultimate goals are to design novel biomolecules with high activity based on structural insight by our findings.

専門領域:生物物理学、構造生物学、NMR分光学