エネルギー利用過程研究部門 Advanced Energy Utilization Research Division

エネルギー構造生命科学 Structural Energy Bioscience

片平 正人

片平 正人

カタヒラ マサト

Masato KATAHIRA

教授 Professor

バイオマスおよびバイオ分子に関し、NMR 法を用いた構造生物学的なアプローチにより、事象を原子レベルの分解能で理解する事を行っています。一例としてプリオン病を引き起こす蛋白質を機能性RNA が捕捉するメカニズムを明らかにしました。新しい方法論の開発も行っており、抗HIV 活性を有する酵素に関し、ウィルスDNA の塩基を改変・無意味化する反応をNMR を用いて実時間で追跡する手法の開発に成功しました。目下、非可食性木質バイオマスからエネルギーおよび各種化成品の原料となる有用物質を取り出す事を行っており、最終的には石油リファイナリーからバイオリファイナリーへのパラダイムシフトを見据えた研究を行っています。

We explore the way how biomolecules such as proteins (involving enzymes) and functional nucleic acids (DNA and RNA) work at atomic resolution based on struc¬tural biology with NMR. For example, we have elucidated how functional RNA can trap the protein that causes prion diseas¬es. We are also engaged in development of the new methodology to elucidate the un¬derlying mechanism of functions of these biomolecules. We have successfully devel¬oped the way to monitor the base conver¬sion reaction by anti-HIV enzyme in real-time by NMR for the first time. Currently, we are developing the way to extract en¬ergy and valuable materials that can be used as starting mate¬rials of various products from wood biomass. Thus, we pursue to contribute to the paradigm shift from oil refinery to biorefinery.

専門領域:構造生命科学、木質バイオマス、タンパク質-核酸相互作用、機能性核酸、核磁気共鳴