エネルギー利用過程研究部門 Advanced Energy Utilization Research Division

エネルギー構造生命科学 Structural Energy Bioscience

神庭 圭佑

カンバ ケイスケ

Keisuke KAMBA

研究員

生物は様々な生体分子を活用し、特定の場所で選択的に化学反応を引き起こすことにより、高効率にエネルギーを産生、利用しています。複数の生体分子が相互に影響を及ぼし合いながら生命現象を制御する様をNMR分光学や分子生物学的手法を用いて明らかにすることを目指しています。具体的には酵素反応を時系列解析する手法の開発、応用、及び新薬の開発のための基礎となる分子構造の解明等について取り組んでいます。
Living organisms possesses an excellent mechanism that enables them to obtain and use energy. Biological molecules such as enzymes, which selectively enhance only specific chemical reaction, play critical roles in biological phenomena. We are analyzing molecular interactions using NMR spectroscopy and molecular biological methods. We have utilized NMR method, monitoring time course of the enzymatic reaction and knowledge of molecular structure may be useful for discovering novel drugs.
専門領域:生物物理学、分子生物学、NMR分光学