エネルギー利用過程研究部門 Advanced Energy Utilization Research Division

エネルギー構造生命科学 Structural Energy Bioscience

近藤 敬子

コンドウ ケイコ

Keiko KONDO

研究員

進化の過程で生物が産生してきた生体分子には、より効率的に生存するための様々な工夫が凝らされています。これら生体分子の機能を構造学的に理解することを目指し、NMR分光法を主とした解析を行っています。また、植物バイオマスから化成品原料などを変換するための基盤となるバイオマスの化学構造に関する知見をNMR分光法により収集しています。

A variety of Biomolecules have been developed in order that organisms can survive in nature. To understand the structural basis of the functions of these biomolecules, we are analyzing these biomolecules by NMR spectroscopy. We are also analyzing the chemical structure of plant biomass, aiming for the utilization of wood biomass as a source of chemical products.

専門領域:構造生物学、NMR分光学