研究組織:エネルギー機能変換研究部門

レーザー科学研究分野

エネルギー機能変換研究部門 レーザー科学研究分野
准教授:中嶋 隆
原子/分子、ナノ粒子、ナノ薄膜にレーザーを照射した際に起こる様々な物質応答を理論的および実験的に探索、解明し、さらにはそれらを制御、応用する研究を行っています。
  • 分野ホームページへ

レーザー誘起超高速現象の理解と応用

准教授:中嶋隆 ピコ秒、フェムト秒、アト秒の時間幅を持つ超短レーザーパルスを物質に照射すると、物質内の格子、核、電子の動きや緩和ダイナミクスを実時間で観測することができます。我々のグループでは、原子や分子、ナノ粒子、ナノ薄膜にレーザーを照射した際に起こる様々な超高速現象を、理論および実験の両側面から解明する研究を行っています。

光トラップ装置

サブミクロンの微小物質をレーザーで捕捉し、さまざまなダイナミクスをその場で観測します。

2017nakajima.png

京都大学エネルギー理工学研究所について

  • 所長あいさつ
  • 教職員の紹介
  • 刊行物
  • 研究成果

共同研究プログラム

  • ゼロエミッションエネルギー研究拠点 共同利用・共同研究
  • 双方向型共同研究