研究組織:エネルギー生成研究部門

原子エネルギー研究分野

エネルギー生成研究部門 原子エネルギー研究分野
教授:小西 哲之 准教授:笠田 竜太 助教:向井啓祐
ゼロエミッションエネルギーシステムとして核融合を中心とする、エネルギー発生から利用までのシステム設計・開発と、社会・環境・持続可能性評価を行っています。

核融合エネルギーシステムの研究、開発、設計と評価

地球環境と人類の持続可能な発展の問題を世界規模で根本的に解決する未来のエネルギー源として、核融合をはじめとするゼロエミッションエネルギーシステムを研究しています。本研究分野では、先進的な核融合エネルギーシステムを設計、開発する一方、社会、環境との関係で総合的に評価しています。実際の核融合反応からビーム中性子を発生させる新しい方式を開発する一方、そのエネルギーを変換する先進ダイバータやブランケットの開発、燃料として用いるトリチウムの炉内また環境での挙動の研究、エネルギー利用として、水素や合成燃料の製造法、電力システム、そしてシステム設計や社会への影響評価など、革新的エネルギー技術としての核融合エネルギーの発生から利用、評価までの研究を幅広く行っています。核融合炉工学の研究チームとして世界でも最先端の研究を進め、国際協力の拠点となる一方、エネルギーと環境、サステイナビリティの問題に取り組んでいます。

核融合エネルギーシステムの燃料自己充足性を確保する基盤技術開発

2017atomic_1.png

液体リチウム鉛を用いた先進高温ブランケット研究を進め、特に革新的なトリチウム回収システムの開発と実証研究において世界をリードしています。また、リチウム鉛と各種構造材料の共存性、伝熱性能などを含めた統合的な研究を進めています。

超微小試験法等の先端分析法による材料特性評価

2017atomic_2.png
革新的原子エネルギー材料・システムの実現を目指して、物質レベルからエネルギー戦略まで俯瞰したマルチスケール/マルチディシプリナリアプローチによる耐照射性・耐環境性材料の開発を進めています。このために、他のエネ
ルギー材料の構造・物性評価にも応用可能な超微小試験法等の先端材料分析法の開発を進めています。

京都大学エネルギー理工学研究所について

  • 所長あいさつ
  • 教職員の紹介
  • 刊行物
  • 研究成果

共同研究プログラム

  • ゼロエミッションエネルギー研究拠点 共同利用・共同研究
  • 双方向型共同研究