研究所概要

理念・目標

理念

 エネルギー理工学研究所は、「エネルギーの生成、変換、利用の高度化」に関する研究を行うとともに、全国の大学やその他の研究機関に所属する研究者の共同利用に供することを設置目的とし、人類文明の持続的発展に貢献します。
 この目的のため、エネルギー需要の増大とエネルギー資源の枯渇、および地球環境問題の深刻化に伴って生じているエネルギー問題の解決を目指した先導的研究を行います。とくに、社会的受容性の高い新規エネルギー源、ならびにエネルギー有効利用システムの実現を目指します。本研究所が有する多様な学術基盤を生かし、異なる研究領域を有機的に連携させることにより、挑戦的かつ独創的なエネルギー理工学の研究領域の開拓を進めます。

長期目標

本研究所は、上記の理念に基づき、以下の長期目標を設定しています。

  1. 社会の要請に応え、先進的かつ社会的受容性の高い基幹エネルギーシステムの構築と多様なエネルギー選択を可能とするシステムの実現を目指し、学際研究としてのエネルギー理工学に新たな展望を拓く。
  2. 多様な学術基盤をもつ研究者の連携、および、基礎から応用に至る研究の発展により、世界的な先進エネルギー理工学研究拠点としての展開を図る。
  3. 優れた設備群を整備・活用してエネルギー理工学における優秀な研究者と高度な専門能力を持つ人材を育成する。

長期目標の達成に向け、第3期中期目標(2016年度~2021年度)として以下の7項目を設け、研究・教育を進めています。

  1. 研究所重点複合領域研究として、先進プラズマ・量子エネルギー複合領域研究、ならびにソフトエネルギー複合領域研究を推進し、先進エネルギー理工学としてのゼロエミッションエネルギーに関する学術基盤の構築・展開を図る。
  2. 共同利用・共同研究拠点「ゼロエミッションエネルギー研究拠点」活動、国際共同研究・国際連携活動の強化・推進を通じ国内外の研究者・研究機関との連携を深め、地球規模のエネルギー問題に対応できる国際エネルギー理工学研究ネットワークのハブ機能を強化する。
  3. ゼロエミッションエネルギー領域における指導的研究者・技術者等の人材を育成するとともに、学生等の教育を行う。
  4. 研究成果の積極的な社会還元に努める。
  5. 産官学連携活動を推進する。
  6. 研究所の研究成果等をホームページ、公開講演会等を通じて広く社会に発信する。
  7. これらの目標の達成のために、適切な研究所運営に努める

2017rinen_j.pngのサムネイル画像